Avaloncity Flowers Garden

不肖「信頼出来ない語り手」明智紫苑の我楽多ブログです。主にエッセイを投稿しますが、たまには小説や自作キャラクタードールの紹介記事なども載せます。《Copyright ©Shion Akechi / Akechi Shion》 ㊟当サイトに掲載している小説、エッセイ、画像などの無断転載を禁止します。

春の女神アスターティ

 我が『Avaloncity Stories』のメインヒロイン1号、アスターティ・フォーチュンの春らしい画像集第2弾をお送りする。彼女の人となりについてのさらに詳しい説明文は、当ブログでは改めて別の記事として投稿する予定だ。
 それにしても、あちこちに同じような記事を孟嘗君の「狡兎三窟」式に投稿しているので、さすがにややこしい。基本的に同じ内容の記事を投稿しても、微妙に表現を変えていたりする。アメブロにおいては、小説の地の文との区別のために、通常記事はですます体に書き換えてある。

f:id:shion_akechi:20210415201043j:plain
 このベビードール風のワンピースは、プーリップ「アドシルティア」のものだった。これの色違いヴァージョンの名前は「イゾルデ」。「アドシルティア」とは、いわゆる「トリスタンとイゾルデ」伝説での古い名前らしい。ちなみに、トリスタンの原型になった人物は、伯父マーク王の原型になった人物の「息子」だったらしい。つまりは、トリスタンとイゾルデは、本来ならば中国春秋時代の晋の申生と驪姫みたいな敵対関係になったかもしれない人物同士なのだ。
 そういえば、古代中国のいわゆる「二十四孝」の某人物(注.申生さんではありません)について、あるブロガーさんが「実は継母と不倫関係になって(自分の異母弟でもある)子供を産ませたのではないのか?」と疑う記事を書いていた。あくまでも、そのブロガーさん個人の憶測であって、確証はないので、その名は伏せておく。
 ある作家さんの短編集でも、申生と驪姫の関係を疑う話があったっけな…。それにしても、アスターティは脚が長い。足元の本は、フォースタスの記事の写真にもあったものと同じものであり、アゾンの旧サアラの付属品だった。

f:id:shion_akechi:20210415201101j:plain
 アスターティの帽子は、ボークスのキャラクタードールの付属品をカスタムしたものである。他にも同型のものがあるが、そちらは既製品そのままにしている。そのままの方は、他のキャラクタードールのコーディネートにも使うが、こちらの飾り付けヴァージョンは、実質的にアスターティ専用のアイテムだ。
 他にも、既製品のドール服やその他付属品をいくつかカスタムしているが、この帽子の飾り付けは、我ながら気に入っている。ダイソーなどの100円ショップは、このような飾り付けを探すにはちょうど良いところだ。

f:id:shion_akechi:20210415201119j:plain
 第二部のアスターティのアルバムジャケットという設定の画像に加工している写真。ほぼ横顔で、なおかつ目が隠れている。

f:id:shion_akechi:20210415201133j:plain
 アップっぷ。以前、mixiでこの写真をプロフィール画像にしていたら、他のユーザーさんから「怖い」と言われた事がある。こんなレディで美女なのに対して失礼だなぁ(笑)。この画像でのアスターティの星型ピアスは、多分元々100円ショップで購入した人間用ピアスだったが、ネックレスはボークス「Who's That Girl?」の商品だった。

f:id:shion_akechi:20210415201151j:plain
 全身像。「Sakura Witch」アスターティ。改めて、写真家の蜷川実花氏がプロデュースしていた画像加工アプリ「cameran」の廃止を惜しむ。この桜フィルターが好きなんだけどな。他の画像加工アプリで、これみたいなフィルターが使えるのはないのかな? さすがに「cameran」自体の復活は十中八九ないだろう。
 この1/6サイズのホウキは、アゾンの巫女さんコーディネートの付属品だったと思う。ただ、現時点では巫女さんコーディネートの写真を撮るにふさわしいモデルはいない。緋奈も緋月も、日本人設定ではあっても「神道の巫女さん」ではないのだからね。いや、別にあの二人に巫女さんコスプレをさせても良いかな? 必ずしも小説の内容に反映されるとは限らないし。
 そのうち、新たに27cmサイズの日本人女性設定のキャラクタードールを作って、巫女さんコーディネートの写真を撮るかもしれない。もちろん、あくまでも予定は未定だ。


【宇多田ヒカル - SAKURAドロップス】
 仮にこの人と後藤久美子さんが同一人物だったら、吉田沙保里さんとは別の方向性で「最強の女」だっただろうな。