Avaloncity Flowers Garden

不肖「信頼出来ない語り手」明智紫苑の我楽多ブログです。主にエッセイを投稿しますが、たまには小説や自作キャラクタードールの紹介記事なども載せます。《Copyright ©Shion Akechi / Akechi Shion》 ㊟当サイトに掲載している小説、エッセイ、画像などの無断転載を禁止します。

漂白された世界 ―伊藤計劃『ハーモニー』―


もう一つの『オペレーション・マインドクライム』 ―伊藤計劃『虐殺器官』― - Avaloncity Flowers Garden

 夭折の天才伊藤計劃氏の「スワン・ソング」、すなわち遺作である『ハーモニー』(ハヤカワ文庫)は、デビュー作『虐殺器官』の(間接的な)続編である。舞台は21世紀後半、前作に描かれた出来事が発端の「大災禍(The Maelstrom)」を境に一変した世界であり、「生命主義(lifism)」によって人々が支配されている。ほとんどの病気が駆逐され、何の不自由もない世界で、それでもなお世間に対して不満を抱く少女たちがいた。
 主人公、 霧慧 きりえ トァンは、世間の価値観に反抗心を抱く少女たちの心中事件の生き残りである。成長したトァンは世界保健機構の役人になったが、世間の「良識」に反して、密かに酒やタバコをたしなんでいた。そんな彼女は日本に帰国して、もう一人の生き残りである親友の一人 零下堂 れいかどう キアンと再会し、共に食事をするが、テーブルについたキアンはトァンの目の前で自殺してしまう。
「ごめんね、ミァハ」
 全世界で同時に自殺事件が発生し、トァンは事件の背後に、すでに死んだはずの女、すなわち、もう一人の親友だった 御冷 みひえ ミァハの影を見出す。

 前作『虐殺器官』では知識人ジョン・ポールが物語の「魔王」だったが、『ハーモニー』では鋭い知性を持つ少女御冷ミァハがその役割を負っている。トァンとキアンは、独自の哲学と理念を持つミァハに魅了される。この三人の密接な共犯関係は、他の何者も寄せ付けない。
 そのかつての親友ミァハを追い、トァンは奔走する。実は生きていたミァハは何を企んでいるのか? かつてのジョン・ポールの再来のような不気味なカリスマは、トァンの訪れを待っていた。

 ユートピアディストピア紙一重というのは、まさしくこの小説に当てはまる。イメージカラーは白、どこまでも続く白の空間だ。物語は清らかに終わっていくが、それは限りなく天国に近い地獄だ。そこには「個人の意志」はない。何だか、ゲームの『女神転生』シリーズの「LAW」ルートのようだ。「意識のない(のに生きている)人間」というのは、『ファイブスター物語』のアマテラスのミカドが元々「感情を持たない存在」とされるのを連想させる。しかし、よくよく考えてみると、我々「普通の人間」の感情も人為的というか、後天的なものも少なからずあると思うのね。

 ちなみに、ヒロイントリオの名前はケルト神話(厳密に言えばアイルランド神話)の登場人物に由来する。しかし、いずれも本来は男性名だった。なして?
 実は伊藤氏は、最初は登場人物の性別を決めていなかったと、解説にはあった。なるほど、道理でストーリーや登場人物から性的な匂いが漂ってこない訳だ。ヒロインが妙齢の女性(しかも、非不美人、すなわち、ある程度の美人)なのに、しかも酒やタバコをたしなんでいたのに、なぜか「男」の匂いがないのは不思議だったが、この小説の世界では、人々の「性」もキチンと管理されているのだろう。
 そういえば、この小説の世界における障害者や性的マイノリティの立場が気になるけど、我が最愛の漫画『ファイブスター物語』だってそうだな。ダイアモンド博士以外にも「中性」の人が少なからずいてもおかしくないのに。

 いや、トァンさんは単に色事に対して無関心だったのかもしれないですね。


【EGOIST - Ghost of a Smile /「Harmony」Full Theme Song {Romaji + English Lyrics}】
 映画版『ハーモニー』のテーマ曲だそうです(未見)。

もう一つの『オペレーション・マインドクライム』 ―伊藤計劃『虐殺器官』―


刺客の恋 ―クイーンズライク『オペレーション・マインドクライム』― - Avaloncity Flowers Garden

 アメリカのヘヴィメタルバンド、クイーンズライクの傑作アルバム『オペレーション・マインドクライム』(以下、OM)は、現代のアメリカのテロリストたちを描く物語を音楽という形にしたものである。いわゆるロックオペラだが、私はこの名盤を聴くたびに、良質なSF小説を読んでいるかのような満足感がある。そのような良質なSF小説の一つが、今は亡き伊藤計劃氏のデビュー作『虐殺器官』(ハヤカワ文庫)である。
 OMは前世紀(80年代、1988年)に発表された作品だが、 あの ・・ 9.11同時多発テロを予告するかのような物語だった。それに対して、『虐殺器官』は9.11以降の世界を描く。

 近未来のアメリカ軍のエリート将校、クラヴィス・シェパードは、世界各地のテロリズムを扇動していると疑われている謎の男「ジョン・ポール」の暗殺という任務を負っている。このジョン・ポールという、いかにも仮名的・匿名的な名前を持つ敵は、その名前の「仮名的・匿名的」な印象から、OMのテロリストたちの首魁「ドクターX」を連想させる。クラヴィスの任務とは、どうやら映画『地獄の黙示録』が元ネタのようだが、アメリカ政府は、自国が生み出した21世紀のカーツ大佐の抹殺を軍に命じる。
 伊藤悠氏の歴史漫画『シュトヘル』は、言葉を表す手段の一つである「文字」がテーマである。文字や音声などで表される「言葉」とは、誰かを癒やす薬にもなれば、逆に誰かを害する毒や武器にもなり得る(OMには「Speak」というタイトルの楽曲がある)。『虐殺器官』の魔王ジョン・ポールは、言語という武器を世界各地で売りさばく「死の商人」だ。そして、クラヴィスは言語というある意味最強の魔法であるものによって迷宮をさまよう。
 そう、言葉は魔法だ。ジョン・ポールは言語という最強の魔法によって、人々の中にある「虐殺器官」を目覚めさせ、活性化させる。読者はジョン・ポールの目的を知り、愕然とするが、クラヴィスはさらにそれを裏返す。その選択に対して義憤や不快感を抱く人は少なからずいるだろう。まさしく、正義の反対は悪ではなく、もう一つの正義だ。

 私が思うに、夭折の天才伊藤計劃氏は『オペレーション・マインドクライム』という稀代の名盤の小説化に最もふさわしい作家だった。OMの世界を小説という別の形に再生させるにふさわしい天才だった。しかし、その夢はもうかなわない。


【Queensrÿche - The Mission】
 ラスボスの悪役らしさを想像させるような、インパクトのあるマークだなぁ。

刺客の恋 ―クイーンズライク『オペレーション・マインドクライム』―

 私は広く浅く音楽を聴いているが、ハードロック/ヘヴィメタルでのお気に入りは、ドリーム・シアター、エヴァネッセンス、そしてクイーンズライチ改めクイーンズライクである。そのクイーンズライクの最高傑作であるアルバムが『オペレーション・マインドクライム』だ。アルバム発表当時のこのバンド名は「クイーンズライチ」というカタカナ表記だったが、当記事では、現在の「クイーンズライク」という表記にする。

 このバンドの最高傑作『オペレーション・マインドクライム』は、音楽的価値も極めて高いが、ストーリー性も優れたコンセプトアルバムである。物語の主人公、ニッキーは寄る辺なき身の上の麻薬中毒患者の青年であり、ある地下組織に組み込まれて刺客に仕立て上げられる。ニッキーをマインドコントロールする組織のリーダー、ドクターXは政府の乗っ取りを企んでいた。要するに、日本のオウム真理教などのカルト団体並びにテロ組織だが、人によってはむしろ、アメリカのチャールズ・マンソンの組織犯罪を連想するかもしれない。
 ニッキーは、自分と同じ組織に所属する女性「シスター・メアリー」と出会う。彼女は元家出娘の娼婦だったが、ウィリアム神父と出会い、組織に取り込まれた。ニッキーは自分と似たような不遇の彼女と恋に落ちる。しかし、彼は組織の秘密を知る彼女とウィリアムの暗殺を命じられる。ニッキーはウィリアムだけを殺し、メアリーと共に逃げ出すが、組織の者に追われてメアリーを殺され、挙げ句の果てにメアリー殺害の濡れ衣を着せられて逮捕されてしまう。
 麻薬中毒患者として精神病院に入れられたニッキーは、それまでの記憶を取り戻す。それが、この物語の続きへとつながる。

「今、思い出したぜ…」

 この物語の舞台は、アルバムが発表された80年代そのものだろうと思われるが、私はむしろ、近未来SFのような印象を抱く。楽曲を聴いていると、良質のSF小説を読んでいるかのような満足感がある。仮にこのアルバムの公式ノベライズの企画があるなら、誰が最適任者か? 日本人作家であれば『虐殺器官』の伊藤計劃氏が適任だったと思うが、その『虐殺器官』のジョン・ポールの立場はドクターXに似ていなくもない。


【Queensryche - Suite Sister Mary (Official Video)】
 敵ボスのドクターXって、実際に博士号持ちという設定なんだろうか? フィクションの世界では、ハンニバル・レクター博士や『虐殺器官』のジョン・ポールなどの知識人系の悪役キャラクターが少なくないけど、現実世界の犯罪者にも「ユナボマー」ことテッド・カジンスキー(元数学者)みたいな知識人崩れがいるよね。
 この曲のタイトルにある「suite」は「組曲」という意味だが、同音の「sweet」にもかけているだろう。

幽霊のセーラー服

 私は高校時代、文芸部員だった。私が通っていた高校は女子校だったが、卒業後、共学校に変わった。私が通っていた頃の制服は野暮ったいブレザーだったが、さらに昔はセーラー服だったという。
 文芸部の部室は、他の文化系部室と隣り合わせだった。私たち文芸部員は、漫画同好会の女の子たちと仲が良かった。ちなみに私は元々その漫画同好会に入りたかったのだが、当時文芸部の顧問だった先生から「機関誌の挿絵を描かせてあげるから」と言いくるめられ、やむを得ず文芸部に入部した。私は当時、漫画家になりたいという夢を抱いていたので、漫画の基礎テクニックを身につけるために漫画同好会に入りたかったのだが、それが阻まれたのは、今思うと人生の転機だったのだろう。
 文芸部に入部したのは色々と不本意だったので、私は途中から幽霊部員になってしまった。

 さて、私がまだ幽霊部員にはなっていなかった頃、私たち文芸部員は漫画同好会の女の子たちと一緒に色々としゃべっていたが、昔のこの学校で起こったとされる事件が話題になった。この学校の制服がまだセーラー服だった頃、一人の生徒が自殺し、幽霊が出るという噂があったのだ。
「嫌だ〜、怖い」
 みんなその話にビビっていたが、誰かがどこかでセーラー服の上着を見つけ、さらにパニック状態になってしまった。
「ギャー! 幽霊のセーラー服!」
 しかし、その結末は実に拍子抜けだった。

 そのセーラー服は、単なる演劇部の衣装だった。


【おニャン子クラブ - セーラー服を脱がさないで】
 現在のAKB48グループ以上に 異性愛主義 ヘテロセクシズム ゴリ押しだなぁ。

「男の七光り」に頼れない/頼らない世界

 俗に「涙は女の武器」という言葉があるが、それはまさしく、典型的な「ただし美人に限る」事態だ。それはさておき、あるサイトに、このような記事があった。

 このサイトの管理人さん曰く、女性にとっての最強の武器は自分自身の涙ではなく、自分と親しい関係にある「男性」の存在だというのだ。いつぞやのツイッターで、フェミニストを自称している別の女性が「男は他の男と競うために、女を自分の『ポケモン』にしている」と発言していたが、それはむしろ、女性の異性愛者にこそ言えるのだ。男性の異性愛者の場合は、女性を単なるお飾りとしての「トロフィーワイフ」にするのが典型例であり、「ポケモン」に例えられるような「武器」や「防具」としての機能を女性に対して求めないだろう。ポケモンというよりもむしろ、ドラクエホイミスライム(=癒やしの機能)だろう。
 さて、ここで「トロフィーワイフ」という単語を持ち出したが、私が思うに、フィクションの中には「トロフィーヒロイン」とでも言うべき女性キャラクターが少なくない。それは、男性キャラクターが、特に主人公が「異性愛男性」である事を証明するための存在であり、さらには男性ヒーローの七光りによって「ヒロイン」の立場を得ている人たちだ。現代日本の「教養」の一つである『ドラえもん』におけるしずかちゃんが「トロフィーヒロイン」の代表格である。そのしずかちゃんの男性版である『セーラームーン』のタキシード仮面は、まさしく「トロフィーヒーロー」だ。

 最近流行っているゲームアプリ並びに一連のメディアミックス作品である『ウマ娘』は、ヒロインたち(すなわちウマ娘たち、並びに女性トレーナー)が「男の七光り」に頼る事が出来ない世界観の作品である。少なくとも、ウマ娘たちは誰かの「トロフィーワイフ」になるよりはむしろ、自分自身の実力と実績によって「トロフィーハズバンド」を得られる可能性がある女性たちだ。「かわいい女の子である」「のび太異性愛相手である」というだけで「ヒロイン」扱いされている上に、仮に男の子であれば「のび太以上、出木杉君未満」の中途半端な子に過ぎないしずかちゃん(映画版での活躍はさておき)とは対照的な女性たちだろう。
 我が最愛の漫画『ファイブスター物語』(以下、FSS)の作者である永野護氏は昔、単行本1巻の後書きで「男にとって都合のいい女性キャラクター(を描く、登場させるの)だけは避けたい」と書いている。私は当時、それは女性キャラクターの描写をかなり困難にする姿勢ではないかと思ったが、実際には逆だった。「女性である」というだけで「特権性」を持つような女性キャラクターを描くのは、かえって創作活動の限界を作るのだ。その証拠に、FSSの多種多様な女性たちは、実にパワフルで魅力的だ。そう、後のウマ娘たちのように。
 男性との関係性を度外視する事によって、創作活動上での女性キャラクターの描写の可能性は広がるだろう。 異性愛主義 ヘテロセクシズム に基づいて女性キャラクターを造形するのは、特に男性クリエイターの場合は、ヒロインが単なる「男にとって都合の良い女」に成り下がる危険性がある。そして、そのヒロインと敵対する他の女性キャラクターは陳腐な「悪女」に成り下がるだろう。私が山田風太郎氏の一部作品を読んで「モヤッとした」のは、あまりにも分かりやす過ぎる「聖女VS魔女」の図式が二人の女性キャラクターの対比として描かれていた点だ。

 私が宮城谷昌光氏の小説のヒロインたちに対して苦手意識を抱くのは、古い世代の男性作家らしい女性観に対する反発である。宮城谷氏が描く男性ヒーローたちは基本的にかっこいいが、それでもあまりにも 優等生的 いいこちゃん 過ぎるのが鼻につく。ましてや、その「 優等生 いいこちゃん 」の伴侶が陳腐な「聖女」かつ「トロフィーヒロイン」となると、個人的にはゲンナリする。FSSの多彩かつ「自分自身のためにこそ生きている」女性キャラクターたちをこよなく愛する私にとっては、宮城谷作品群の女性観はほとんど親の仇に等しいものなのだ(大袈裟)。
 さて、話を『ウマ娘』に戻すが、『ウマ娘』では「女が男を自分の 使い魔 ポケモン にして他の女と戦う」価値観はほぼない。そう、「男性」を自分の「武器」にする(他力本願で生きていく)世界観ではない。一部のフェミニストが「女性を馬に見立てるのは女性蔑視だ」と非難しているという話をどこかのウェブサイト記事で読んだ記憶があるが、ある人はそれに対して「あれが女性蔑視ならば、日本刀を美男子として擬人化している『刀剣乱舞』は男性蔑視だろう」とツッコミを入れていた。実際にゲーム『ウマ娘』をプレイしてみると、女性たちが他力本願的な「武器」としての「トロフィーヒーロー」に頼らずに努力して生きていくという、実にフェミニズム的な世界観だと私は思う。


【プリンセスプリンセス - 世界でいちばん熱い夏】
 ガールズバンドの代名詞。夏の流行語は毎年「暑い」。熱い!